文字サイズ
背景色変更
標準

古い電化製品の使用による火災に気を付けて!

電化製品は、年月が経つうちに、摩擦、腐食、その他の原因で絶縁不良などを起こして、発煙・発火に至る場合があります。
当市においても、今年に入り古い電化製品の使用による火災が発生しました。

多くの場合、その予兆となる症状が発生していることがあります。
電化製品に「異常な音、振動、臭い、発熱」等の不具合を見つけたら直ちに使用を中止し、メーカーや販売店に相談しましょう。

火災を防ぐために
  • ほこりがたまりやすいところは定期的に清掃しましょう。
  • 長年使用しているものについては、異常がないか確認しましょう。  


   


扇風機
  • スイッチを入れてもファンが回らない。
  • ファンが回っても回転が遅かったり、不規則になったりする。
  • 電源コードに触れただけでファンが回ることがある。



冷蔵庫
  • 冷えが悪くなってきた。
  • 焦げ臭いにおいがする。
  • 異常な音、振動がする。

エアコン
  • 電源コードやプラグが非常に熱い。
  • 電源ブレーカーが頻繁に落ちる。
  • 室内機から水漏れがする。

その他
  • 電源コードに破れ、変色がある。
  • テレビやパソコンなど勝手に画面が消える。また、黒い線が入る。
  • コンセントにほこりがたまっている。
  • コードを束ねたまま使用している。

このようなことがあれば発煙・発火に至る可能性があります。
すぐに使用を中止してください!
当サイト案内 プライバシーポリシー Copyright(c) 小野市消防本部 All Rights Reserved.
小野市 北播磨総合医療センター