文字サイズ
背景色変更
標準

救急車を呼ぶか迷ったら

兵庫県小野市消防本部 救急車の適正利用にご協力ください
救急車の台数には限りがあります。
もし、あなたや大切な家族が生命を脅かされるような事故や病気にあった時
救急車がなかなか来なかったとしたら…
あなたならどう思いますか?

こんなときは、ちょっと待って!

本当に救急車が必要なのかよく考えてください!
・歯が痛い  ・薬がなくなった  ・熱がある
・救急車で行くとすぐ診察してもらえるかも  ・救急車はタダだから!

近年の救急車の出場件数・搬送人員ともに増加傾向であり、救急隊の現場までの到着時間も増加しています。
小野市においても、救急件数は右肩上がりに増加しており、平成28年は救急件数(2,358件)、搬送人数(2,178人)ともに過去最高を記録しています。



ためらわずに救急車を呼んで欲しい症状

大人の場合
こんな症状が見られたら、ためらわずに 119番に連絡してください!
重大な病気やケガの可能性があります。
小野市消防本部 こんな症状のときは救急車を呼んでください
意識の障害 けいれん
・意識がない(返事がない)またはおかしい(もうろうとしている)
・ぐったりしている
・けいれんが止まらない
・けいれんが止まっても意識が戻らない
けが・やけど 吐き気
・大量の出血を伴う外傷
・広範囲のやけど
・冷や汗を伴うような強い吐き気
飲みこみ 事故
・食べ物をのどに詰まらせて呼吸が苦しい
・変なものを飲みこんで意識がない
・交通事故にあった(強い衝撃を受けた)
・水におぼれている
・高所から墜落(転落)
その他、いつもと違う場合、様子がおかしい場合

子どもの場合
小野市消防本部 こんな時には119番を!子供の場合
意識の障害 けいれん
・意識がない(返事がない)またはおかしい(もうろうとしている)
・ぐったりしている
・けいれんが止まらない
・けいれんが止まっても意識が戻らない
飲み込み じんましん
・変なものを飲み込んで意識がない ・虫に刺されて全身にじんましんが出て、顔色が悪くなった
やけど 事故
・痛みのひどいやけど
・広範囲のやけど
・交通事故にあった(強い衝撃を受けた)
・水におぼれている
・高所から転落
生まれて3か月未満の乳児 その他、いつもと違う場合、様子がおかしい場合
・乳児の様子がおかしい

病院相談・問合せ先

平日時間外や休日の救急当番医
消防本部に問い合わせ  0794-63-0119
消防本部テレフォンサービス  0794-63-7119
消防本部ホームページでも救急当番医を検索することができます!

小児救急
北播磨小児救急電話相談センター  0794-62-1371
【相談時間】18時~22時(年末年始、祝祭日は除く)
兵庫県小児救急医療電話相談  #8000または078-304-8899
【相談時間】平日・土曜:18時~24時 日曜・祝日・年末年始:9時~24時
当サイト案内 プライバシーポリシー Copyright(c) 小野市消防本部 All Rights Reserved.
小野市 北播磨総合医療センター