文字サイズ
背景色変更
標準

地震! その時すべきこと


そのような事態に陥らないよう、
地震が起きたときにすべきことを学んでおきましょう。


地震その時すべきこと 10ポイント

1.我が身の安全を図る

第一に身の安全を守りましょう。

2.声をかけあい素早くの始末
3.非常脱出口の確保

鉄筋コンクリートの建物は建物がゆがみ、出入り口がなくなることがあります。

4.火の消火

『火事だ!』と大声で叫び、近隣所にも協力を求め初期消火に努めましょう。

5.外へ逃げる時はあわてず

瓦やガラスなどの落下物に注意しましょう。
足を守る為厚めの底の靴を履き、落ち着いた行動を心がけましょう。

6.狭い路地塀ぎわ川べりに近寄らない

ブロック塀、門柱、自動販売機などは倒れやすいので要注意!

7.山崩れ崖崩れ津波に注意
8.避難は徒歩で、荷物は最小限
9.みんなが協力し合って、救助、救護、消火
10.正しい情報をつかみ、余震を恐れない

ラジオやテレビで正しい情報を確認しましょう。

避難のポイントや非常時の連絡方法も決めておきましょう!

1.もう一度火の元の点検を! 2.避難先を書いたメモを残す など安全避難に必要な8ポイントをご紹介します。
災害の時に役立つ「災害用伝言ダイヤル171」の使い方をご紹介します。
当サイト案内 プライバシーポリシー Copyright(c) 小野市消防本部 All Rights Reserved.
小野市 北播磨総合医療センター