文字サイズ
背景色変更
標準

35m級先端屈折式はしご付消防自動車を配備しました

平成13年に配備した20m級スノーケル車の老朽化や、小野市内で増える高層建物での救助や火災に備えるため、10階建てに対応可能な35m級先端屈折式はしご付消防自動車を配備しました。

全長11.45m・全幅2.49m・高さ3.55m

特徴
  • バスケットの高さが最大36.1m。
  • はしご先端部分の約2.5mが屈折することで、フェンスのある屋上などから安全に救出することが可能。
  • リフターが装備されており、はしごを伸縮させずに迅速な救出活動が可能。
  • はしごに水路管が装備されておりバスケット先端から放水が可能。


6月中旬の本格運用開始を目指し、隊員が日々訓練を実施しています。
当サイト案内 プライバシーポリシー Copyright(c) 小野市消防本部 All Rights Reserved.
小野市 北播磨総合医療センター