文字サイズ
背景色変更
標準

雨の強さと降り方

大雨が降ると注意報や警報が発令されます。
どのような時に、どのようなタイミングで情報が出るのでしょう?
注意報や警報についても学んでおきましょう。

大雨警報は、浸水害と土砂災害に区分されます
大雨警報(浸水害) 大雨警報(土砂災害)
大雨(時間雨量等)により床上・床下浸水、道路・田畑冠水等の災害が発生する恐れがあるとき。(浸水想定区域は警戒が必要) 土壌中に貯まっている雨水により崖崩れ、土石流等の土砂災害が発生する恐れがあるとき。(土砂災害警戒区域は警戒が必要)
大雨の場合の気象情報等の流れ
小野市消防本部 大雨の時に気象台が発表する防災気象情報

大雨による災害から身を守るために

気象情報に注意する。

崖・川・水路に近づかない。

防災機関が伝える避難情報(避難準備情報、避難勧告、避難指示)などに注意する。

危険を感じたら避難情報が出ていなくても早めに自主避難をする。

膝より上の水の中の避難は危険です。
流れのある場合や水路の近くは10センチ程度でも危険です。

避難に時間がないときや避難が危険と思われるときは、土砂災害や川の近くで流出の恐れがなければ自宅や周辺の家の2階以上に避難する。
当サイト案内 プライバシーポリシー Copyright(c) 小野市消防本部 All Rights Reserved.
小野市 北播磨総合医療センター