文字サイズ
背景色変更
標準

安全避難の心得

風水害の備え 7つのポイント

それぞれのポイントを押してください。詳しいポイントを見ることができます。
1.身近な危険場所を確認しておきましょう
  • 水路は詰っていませんか?ゴミはたまっていませんか?
  • 崩れそうな崖はありませんか?
  • 崩れそうな石垣や擁壁はありませんか?
  • ため池や河川の堤防から水漏れはありませんか?
  • ため池や河川の堤防の崩れたところはありませんか?
  • 過去に災害が起きた場所を知っておきましょう。
>> 警戒ため池の情報(小野市役所)
2.自主防災訓練を実施しましょう
  • 防災の基本は住民の助け合いからです。普段から地域住民の交流を深めましょう。
  • 地域で自主防災訓練を実施しましょう。それぞれの特技や知識を持ち寄れば大きな防災の力になります。
  • 実際に体験しましょう。考えていたことと違うことが発見できます。
3.水路の清掃をしましょう
  • 水路には空き缶、ビニール袋、雑草などいろいろなゴミが溜まっています。水路が詰ればちょっとの雨でも浸水します。普段から清掃を!
4.ため池の管理をしておきましょう
  • ため池の堤防の草刈をしましょう。草が大きくなると堤防がゆるみ決壊の恐れがあります。また、堤防の監視(目視)が出来ないことがあります。
  • 余水はけに土のうや板で堰をしないで下さい。
  • 水害が予測されれば、事前に水を抜いておきましょう。
5.家庭の防災会議を開きましょう
  • 避難の方法、連絡の方法を確認しておきましょう。
  • 身近な危険場所、通勤、通学路の危険場所などについても話し合っておきましょう。
  • 家族それぞれの役割を決めておきましょう。
6.避難場所・経路を確認しておきましょう
小野市消防本部 避難場所・避難経路を確認しておきましょう
  • あなたの地域の避難場所を確認しておきましょう。
  • 実際に歩いて、避難経路に危険箇所がないか確認しましょう。
  • 危険箇所を避け、少し遠回りでも安全な避難経路を見つけましょう。
7.非常持出品を準備しておきましょう
小野市消防本部 非常持ち出し品を用意しておきましょう
  • 災害が起こってからでは間に合いません。普段から、非常持出品を用意しておきましょう。
  • 9月1日の防災の日・1月17日の阪神淡路大震災の日などに点検と入れ替えを行いましょう。
  • 非常持出袋に入れていないもの(貯金通帳・証書・携帯電話など)は必ず持ち出せるように非常持出袋にメモをつけておきましょう。

安全避難の心得 8ポイント

1.避難の前に火の元の点検をす
2.脱げにくい靴をはく。長靴は水が入ると脱げやすくなる
3.長い棒を持つ

水が溜まっていると中になにがあるか見えません。長い棒を杖にして安全を確かめましょう。

4.避難できる水位はひざよりまで

ひざより上、流れのある場合は高所で救助を待ちましょう。

5.子どもとはぐれないように大人とロープなどでつないでおく
6.避難するルート確認しておく

崖や川のそばはできるだけ避けましょう。

7.歩いて避難する

できるだけ歩いて避難する。単独での避難は避ける。

8.避難指示避難勧告に従う、危険を感じたら自主的

できるだけ指定された避難所に避難しましょう。危険を感じたら自主的に避難しましょう。

当サイト案内 プライバシーポリシー Copyright(c) 小野市消防本部 All Rights Reserved.
小野市 北播磨総合医療センター