文字サイズ
背景色変更
標準

国宝浄土寺を火災から守れ!!


毎年1月26日は「文化財防火デー」です。
文化財を火災や震災等から守るため、この日を中心として全国的に文化財防火運動が実施され、文化財愛護に関する意識の高揚が図られています。
当市でも、令和3年1月24日(日曜)に国宝浄土寺周辺において、地域住民、寺院関係者、消防団、消防本部等が連携した総勢150名が参加する文化財防火訓練を予定していましたが、兵庫県に緊急事態宣言が発出されたことを受け中止しました。
しかし、郷土の文化財を後世へ伝承するため「コロナ禍でもできること」を考え、当本部予防課職員と浄土寺を管理されている方々とで、消防用設備の点検と初期消火訓練を行いました。
また、1月24日から1月30日までを文化財防火運動期間とし、消防車両による防火広報を市内一円に行います。
市民の皆様、私たちと共に文化財防火意識を高め、文化財を守って行きましょう!
寺院関係者による放水訓練

当市予防課職員による訓練指導

寺院関係者を交えた消火栓等の点検
当サイト案内 プライバシーポリシー Copyright(c) 小野市消防本部 All Rights Reserved.
小野市 北播磨総合医療センター