文字サイズ
背景色変更
標準

令和3年度 年末特別警戒

目的
年末は、特有の慌ただしさに加え火気及び暖房器具の使用機会が増加し、また、空気の乾燥や季節風等の気象状況が重なり、火災発生危険が大きくなることから、警戒態勢をより強化するとともに市民の防火意識の更なる高揚を図り、火災を未然に防止することを目的とします。
実施期間
令和3年12月1日(水曜日)から12月31日(金曜日)まで
実施内容
内容 期間 備考
年末特別警戒
出発式

12月1日(水曜日)8時45分から

防災センター
南側駐車場
年末警戒
パトロール
12月1日(水曜日)から
12月31日(金曜日)
化学車
南タンク車、救急1

懸垂幕設置

同上

本署・南分署
北分署
防火対象物査察
12月1日(水曜日)から
12月9日(木曜日)

市内物品販売店

住宅防火 いのちを守る 10のポイント
4つの習慣
  • 寝たばこは、絶対にしない、させない。
  • ストーブの周りに燃えやすいものを置かない。
  • こんろを使う時は火のそばを離れない。
  • コンセントはほこりを清掃し、不必要なプラグは抜く。

6つの対策
  • 火災の発生を防ぐために、ストーブやこんろ等は安全装置の付いた機器を使用する。
  • 火災の早期発見のために、住宅用火災警報器を定期的に点検し、10年を目安に交換する。
  • 火災の拡大を防ぐために、部屋を整理整頓し、寝具、衣類及びカーテンは、防炎品を使用する。
  • 火災を小さいうちに消すために、住宅用消火器等を設置し、使い方を確認しておく。
  • お年寄りや身体の不自由な人は、避難経路と避難方法を常に確保し、備えておく。
  • 防火防災訓練への参加、戸別訪問などにより、地域ぐるみの防火対策を行う。
当サイト案内 プライバシーポリシー Copyright(c) 小野市消防本部 All Rights Reserved.
小野市 北播磨総合医療センター