文字サイズ
背景色変更
標準

住宅用火災警報器は10年を目安に交換を!

住宅用火災警報器は設置から10年を目安に本体の交換をお勧めします。
平成23年に設置が義務付けられた住宅用火災警報器は、いち早く火災の発生を知ることができ、被害の軽減や逃げ遅れの防止につながります。
住宅用火災警報器の電池寿命約10年で、10年で故障率が高くなります。
10年を目安に本体の交換をお勧めします。
経年劣化した住宅用火災警報器をそのまま使用したら・・・
経年劣化した住宅用火災警報器をそのまま使用し続けた場合、火災を感知しなくなる可能性があります。
その結果、火災を早期に発見できず被害が拡大し逃げ遅れにつながることも考えられます。
いち早く火災を知らせてくれる住宅用火災警報器は、正常に作動するよう維持管理することが大切です。
定期的に点検しましょう。
住宅用火災警報器が正常に作動しているかを確認するには、定期的な点検が必要です。
点検は、ボタンを押すか、ひもを引いて行います。

正常な場合は、正常を知らせる音声や警報音がなります。


※警報音等はメーカーや製品により異なります。

音がならない場合

  • 電池の配線が外れていませんか?
  • 確認して鳴らなければ、電池切れもしくは、本他の故障が考えられます。

速やかに新しい住宅用火災警報器に取り替えましょう。


日頃からお手入れをしましょう。
住宅用火災警報器にホコリが付着すると火災を感知しにくくなります。定期的に乾いた布などでふき取りましょう。
また、台所に設置してあるものは油などで汚れが付きやすいので、布に水やせっけん水を浸し、十分に絞ってからふき取ってください。
取り付けてあるから大丈夫!ではなく、電池切れや本体の劣化により火災を感知しなくなることがあるため、維持管理が大切です。
当サイト案内 プライバシーポリシー Copyright(c) 小野市消防本部 All Rights Reserved.
小野市 北播磨総合医療センター